ボックスカーフを使用した、フルオーダーの『フォーマルバッグ』をお作りさせて頂きました。

『フォーマルバッグ』

オーダー種類フルオーダー
使用皮革マローカーフ(ホワイト色)・クリスペルカーフ(ブラック色)
サイズ底W25㎝(上口W21.5㎝)×H18.5㎝×底D9㎝ 
昨年の製作事例とはなりますが、お客様からの深いご理解とご期待を頂き、エスペディエンテの全力の美しい鞄。 フルオーダー『フォーマルバッグ』の製作エピソードです。
新年が明けて、1月が半月ほど経ちました。
実は、エスペディエンテとしてこの先の方向性を、
どちらを選択するか悩んでおりました。
この半月の間、ご来店下さるお客様には、
偶然にも自分たちの方向性の背中を押して頂けるお言葉を、
頂いておりました。
何人ものお客様より、恐らく無意識だと思いますが、
同じようなお言葉を頂きました。
とても励みになるお言葉です。
お蔭様でエスペディエンテとしてやりたいこと。やっていくこと。が、
一致することが出来ました。

迷いなく、美しい革製品を心掛けて参ります。

昨年の製作事例とはなりますが…
お客様からの深いご理解とご期待を頂き、
エスペディエンテの全力の美しい鞄。
『フォーマルバッグ』の製作エピソードです。
式典の際に使用するバッグをお願いしたいのです。
と、ご依頼頂きましたのは、ちょうど昨年の1月。

まずは、ご希望される『フォーマルバッグ』の
イメージを伺うことからスタートしました。

  • 外縫いだけど、内縫いのふっくらした印象を感じる仕上がりに。
    バッグの表にコバ面の角が出ないように。
  • 『フォーマルバッグ』なので、スムースなボックスカーフを使用。
  • フォルムは「台形」に。
  • 背面にスマホ用のポケットを欲しい。
  • 着脱できるショルダーベルトが欲しい。
  • 内装は2室。
  • マチは外折れ構造に。「外折れマチ」についてのブログ記事はコチラ ≫≫≫
…と、大まかなご希望はこんな感じ。

お好みのサイズ。お好みの見た目。
逆に、お好みじゃない事も伺いました。

出来上がりのイメージを膨らませ、
本製作の前のサンプル作りに取り組んだのが8月。
まずは、方向性を探る為に、床革でパーツをいくつも作り試行錯誤。
『フォーマルバッグ』 マチのパーツサンプル
次に、紙を使ってバッグの仕上がりフォルムを探り、方向性の道筋を立てました。
『フォーマルバッグ』サンプル
『フォーマルバッグ』サンプル
『フォーマルバッグ』サンプル
『フォーマルバッグ』サンプル
『フォーマルバッグ』サンプル
『フォーマルバッグ』サンプル
仕上がりフォルムが決まると、
革を使って実寸大サンプルを作り、
そのサンプルで、お客様に見た目・使用感をご確認頂きました。
『フォーマルバッグ』サンプル
微調整のご指摘を頂きましたが、
ほぼほぼご要望通りということで…

サンプルを製作しての経験を活かして、

さらにブラッシュアップさせます。

『フォーマルバッグ』 白 製作中 外パーツ上から

本製作に取り組ませて頂いたのが、10月。
有難い事に白と黒、
ふたつもオーダーご依頼頂いておりました。

白も黒も、定番革素材ではないボックスカーフでしたので、
試行錯誤しました。

ボックスカーフ:マローカーフ白

ボックスカーフのマローカーフの革色ホワイト。

バッグを手縫いで縫製

手縫いで縫製。

式典でのコーディネートを考え、お客様のご指定だった革色ホワイト。

クリスペルカーフの革色ブラックでもお作りさせて頂きました。

クリスペルカーフ型取り中

クリスペルカーフ型取り中

「クリスペルカーフ」について名前は聞いたことがありましたけれど、
高価過ぎてこれまで使ったことの無い革でした。

そんな状況にも関わらず、お客様はご指定されました。
それほどまでに、お気持ちの入ったご依頼でした。
「クリスペルカーフ」の魅力をどう引き出すか。
『フォーマルバッグ黒』 製作中 

立体感を出す。そこに気を配りました。

『フォーマルバッグ黒』 蓋のぷっくり感
『フォーマルバッグ黒』 錠前開いたトコロ 
バッグのボディ、かぶせ蓋に立体感となる表情を出すように心掛けました。
出来上がってみて、
一番大変だったの事は「マチの形状パターン」でした。
バッグのボディフォルムは台形。
直角は出ておらず、変形しています。
それに対して、口元のラインも変形。
変形と変形のラインに加え、内装には仕切りが必要。
この3つの関係性の辻褄合わせに苦戦しました。
マチの型紙が起きると、
今まで見たことの無い形の型紙となり発見でもありました。
この型紙を導き出す為に、大量のマチのサンプルパーツを試作しました。

配慮したのは、かぶせ蓋の開き方。

『フォーマルバッグ黒』 蓋を開いたトコロ
これまでお客様がフォーマルバッグをお使いになってきた経験から、
蓋の開き方が楽になって、中身の出し入れがし易くなったら嬉しいです。
というご要望を頂いておりました。
かぶせ蓋とボディを接合する縫製は内縫いをかけて、
蓋が開いた状態をキープ出来るように。
通常の縫製とは変えております。

神経を使ったのは、硬質感あるボックスカーフのヘリ返し。

『フォーマルバッグ黒』 斜めからマチの雰囲気
大変とも配慮とも違う。神経を使いました。
苦労の甲斐あって、これまで製作してきた一本手のバッグ中で
一番良くできました。
他の言い回しが思いつかなくて、良くできた。としか表現できずにおりますが…。

ご遠方にお住まいでしたので、発送でのお渡しでした。

お手元に届いて、まず頂いたお言葉は…
「やりましたね我々」
「時代に合ったフォーマルバッグが出来上がったのではないでしょうか」と。
「我々」とおっしゃって下さった事に、思わず笑顔になり嬉しさを感じました。
まさにその通りで、
ご依頼主であるお客様と、私たち夫婦3人で、
ゼロから取り組んで、出来上がったバッグです。
お蔭様でお客様にとって、
「形も大きさのバランスも文句なしの黄金比率です」ともおっしゃって頂き、
ご希望を具現化することが出来て、本当に良かったです。
振り返ると、これまでの道のりが懐かしく感じました。

硬質感のあるボックスカーフを使って、

柔らかさと優しい印象を表現する事。

『フォーマルバッグ白』 蓋ぷっくり

硬質感があるスムースレザーですので、
一度変な「シワ」が入ると消えません。
ですので、シワが起きにくく、
しかも美しい所作でお使い頂ける構造・仕立てを心掛けました。
さも当然のようにという美しい佇まいに
仕上がりましたが、
バッグ好きのお客様が温めてきたアイディアご要望、
それを具現化した私共のエネルギーが沢山詰まっております。
『フォーマルバッグ』 
Posted in インフォメーション, フルオーダー, 作品, 鞄職人の日々

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*

contact

Information

革と異素材を組み合わせたバッグ。リメイクのご依頼を頂きました。

ご夫妻でエスペディエンテをご愛顧下さるお客様より、 何かに活かせるかな……続きを読む »

ポーチ好きの方からのお声で作りました!『レザーポーチ』ポーチにも、ミニクラッチにも。

今年のエスペディエンテは、新しいアイテム作りを、 これまで以上に取り組……続きを読む »

新作ショルダーバッグ『アニブ』スワローマチの2室構造が特徴で、お洒落な見た目のバッグです。

気がついたら… エスペディエンテはこの春で、12年目へとスタートいたし……続きを読む »

フルオーダーにて製作いたしました『スクエア型ファスナーキーケース』スマートキー・鍵・カードを収納。

3月も半ばが過ぎ、春から新生活を迎える方も多いかと思います。 新居での……続きを読む »

ボックスカーフを使用した、フルオーダーの『フォーマルバッグ』をお作りさせて頂きました。

新年が明けて、1月が半月ほど経ちました。 実は、エスペディエンテとして……続きを読む »

年末年始のお休みのおしらせ。

12月も後半戦。 今年もあとわずかとなって参りましたが、 今年中に完成……続きを読む »

新作バッグのご案内です。ミニショルダー『スマホポシェット』を2色の革色でお作りしました。

この冬は暖冬傾向に… といわれている通り、 今のところ、例年のような冷……続きを読む »



instagram