フルオーダーのメンズ『ビジネスバッグ』。アリゾナとブライドルレザー2種の革、2種のデザインにてお作りさせて頂きました。

メンズ『ビジネスバッグ』

オーダー種類フルオーダー
使用皮革アリゾナ・ブライドルレーシングレザー
サイズお問い合わせください
革素材・デザインが異なるメンズ『ビジネスバッグ』2種を、フルオーダーにてご依頼頂き、お作りさせて頂きました。なかなかの長期戦でしたが、ご依頼下さったお客様に相応しい仕上がりにてお渡しすることができ、ホッとしております。

12月ももうすぐ半ば。
今年も残り、数えられるばかりとなりました。
2021年のエスペディエンテを振り返ったら、
思い出深いご依頼品になるであろう…
メンズ『ビジネスバッグ』のフルオーダー、
ふたつのバッグの製作エピソードです。

まずは、
イタリア由来のタンニンレザー「アリゾナ」のターコイズ色を使用した、
『ビジネストートバッグ』から…。

お客様が普段、お使いになられているトートバッグを元に、
お色違いでお願いします! …という、ご希望を頂きまして、
お作りさせて頂きました。

 

アリゾナ『ビジネストートバッグ』 製作中

アリゾナ『ビジネストートバッグ』 製作中

 

【全体のフォルムとサイズは、忠実に再現し…】

例えば…
バッグ全体のバランスは、普段あまりやらないバランス感。
持ち手の根革の間隔は広く、その分ポケットが配置されている事や、
ファスナーマチのつけ方が新鮮でした。

【細かなパーツはエスペディエンテの仕立てで、取り組ませて頂きました。】

例えば…
持ち手の「根革」は、切り目じゃなくて、ヘリ返しにして。
ファスナーの「ツマミ」には、肉盛りさせて、見た目も良くなるし、
開け閉めして酷使されるパーツですので、コシも上がり変形しにくくなります。
そんな辺りを、いかにもアピールするわけでは無く、
さり気ない程度に施しております。

【お使いになられていたバッグに無かった要素。】

唯一リクエスト頂いておりましたのが、
内装のファスナーポケットについて。
ファスナーの窓枠にペン2本分の空間を空けて、ファスナーを配置する事。
もう片方の壁面のファスナーポケットには、タブレットを収納されるという事で
タブレットが出し入れし易い広さの間口を確保しております。

今回の『ビジネストートバッグ』では、
普段あまりしていなかった、
タンニンレザーと真鍮金具の組み合わせ。と、
口元のオープンファスナーのつけ方の構造。
取り組ませて頂けることで、次に生かしていける!
ご提案の引き出しが増えました!

同素材でお色違いの「アリゾナ」を使用した
ビジネスバッグ『内縫いブリーフ』のブログ記事はコチラ ≫≫≫


そして、もうひとつのフルオーダーご依頼は…
新たな型紙を起こし、実寸大サンプルを作り、
革素材探しからスタートいたしました、
イギリス由来のブライドル「レーシングレザー」の
チョコ色を使用した『ビジネスバッグ』です。

 

『ビジネスバッグ』 実寸大サンプル

『ビジネスバッグ』 実寸大サンプル

 

硬いブライドルレザーの大型鞄でしたので、
大半の縫製が手縫いでの製作となりました。

 

ブライドルレザー 『ビジネスバッグ』 製作中 手縫い

ブライドルレザー 『ビジネスバッグ』 製作中 手縫い

 

製作について振り返ると…
最後の工程となる、仕切りファスナーを縫い上げることは大変でした。
ファスナーの付け根とマチが縫われるところが苦戦しました。
ボディを突っ張らせるファスナーですが、ボディの革がカーブせずに、
戻ろうと跳ね返るので、大変でした。
その苦戦の甲斐あってか、マチは綺麗に仕上がりました。

【難しかったけれど、美しい表情となったマチがこの鞄の特徴となりました。】

鞄のボディ両側のバランスが悪いと、マチはいびつになりシワになる。
ファスナー仕切りで突っ張られる、均等な力のバランス。
正確な作業が影響してきます。

柔らかい革なら、多少ボディをつぶしながら縫い易い位置で縫えますが、
革が硬いので無理な力をかけて、へんな跡を残すことは出来ませんし、
最後の工程となるので、すでに立体になっている状況の中、
革のハリで跳ね返りもあるので、苦戦しました。

持ち手を縫うのも想定していた通りにはいかず…。
硬い革だから、綺麗なアーチになりにくいし
スムースレザーなので、シワが入りやすく目立つので、
より良い仕上がりを目指し時間がかかりました。

そんな苦戦した製作でしたが、
お客様からの鞄の仕上がりイメージとして、
ご愛用頂いている名刺入れの構造を落とし込むことでした。

名刺入れは「2室の外折れマチの構造」でして、
ボディからつながるマチを外折れっぽくして、
名刺入れの二層式を意識しました。
ファスナーの仕切りを配置して突っ張ることで、
マチが外にはみ出て二層式の雰囲気に。

お客様がお使いになられている
2室の外折れマチ構造の『名刺入れ』ブログ記事はコチラ ≫≫≫

ファスナー仕切りの収納スペースには、パソコンを収納されるということで、
お客様がお使いになるスタイルに合わせて、
底にはクッション性の芯材を仕込んでおります。

内装のポケットは、細々としたものを収納されるという事で、
両側に3連のポケットを配置しております。
この3連ポケットもお客様のご希望で、真ん中だけ若干大きなサイズにしてあります。
(写真からでは、伝わりづらいですが…)

ブライドルレザー『ビジネスバッグ』 製作中 裏地

ブライドルレザー『ビジネスバッグ』 製作中 裏地

 

初めてのブライドルレザーを使ってのご依頼でしたが、
トートバッグっぽい雰囲気に仕上げて欲しい!
…というご希望も当初から頂いておりました。

硬い革のブライドルですから内縫いは出来ないので、
革のエッジ、コバを出来るだけ隠しました。
表に見せない、目立出せないことで、
外縫いだけど、内縫いの曲面を出せるように心掛けました。

内縫いのような曲面を感じられるように、マチと胴は切り分けず一体型に。
革のしなやかさを感じられる輪郭となるように。

持ち手はピンっと立たせる事で、凛々しさを演出しております。
金具を配置して、持ち手がパタパタ倒れるイメージよりも、
常に持ち手が立っていて、鞄を持ち上げる時にもスッと持ち上げられて、
スッと立てる方がスマートで、お客様にはお似合いかと。

長文となりましたが、長文にしてお伝えしたい程に、
長期戦で取り組ませて頂きました。
トートの要素がありつつも品格もある、
これまでにない鞄。全力を尽くさせて頂きました。

ご依頼下さったお客様にも、本当にお似合いでしたし、
出来上がりお渡しした際には、
早速にもお客様はひと通りのアイテムを収納してくださり、
ちゃんと全て収まりました。ホッと安心。良かったです!
お客様と共に、目指す鞄を生み出せたのかなと…。

ありがとうございました!

Posted in インフォメーション, フルオーダー, 作品, 鞄職人の日々

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

contact

Information

ブライドルレザーを使用した、オーダー革製品。革小物・バッグとお作りさせて頂きました。

エスペディエンテでは、昨年より取り扱いを始めました「ブライドルレザー」……続きを読む »

大型トートバッグ『フォルテ』のカスタムバージョン! オーダーご依頼にてお作りさせて頂きました。

5月もあとわずかとなって参りました。 5月末の松本といえば… クラフト……続きを読む »

5月の休業日のお知らせ。

今日からGW連休! 連休期間のエスペディエンテは、通常営業しております……続きを読む »

エスペディエンテは9周年。開業当初に目標としていた10年目へと…。

エスペディエンテは、この3月で9周年を迎えておりました。 そして、開業……続きを読む »

グレージュ色のバッグ色々、オーダーご依頼にてお作りさせて頂きました。女性に人気の革色です!

この冬は、しっかりとした寒さが続いておりましたが、 ようやく! 本日、……続きを読む »



instagram