フルオーダーの『ショルダーバッグ』スワローマチの構造に挑戦させて頂きました。

『ショルダーバッグ』

オーダー種類フルオーダー
使用皮革トゴ (ブラック色) ・ ドイツシュリンク (グレー色)
フルオーダーでご依頼頂きました『ショルダーバッグ』。オーダーのお打ち合わせは、お客様のご希望イメージを画像やお持ちのバッグから伺い、それを具現化する苦しさはございましたが、お客様もご一緒に向き合って下さり、お電話やメッセージのやり取りを重ね、実寸大サンプルを作り、ようやく本製作という過程を経ての出来上がりです。

新年の営業がスタートしてからおよそ1週間。
穏やかに製作の日々を過ごしております。

昨年の10月頃から12月まで長期戦で取り組ませて頂いた
フルオーダーの『ショルダーバッグ』。
今の自分では生み出せない。そんな気がします。
穏やかなメンタルとは正反対で、
当時、とても追い込まれておりました。
追い込まれていたからこそ、生み出すことが出来たバッグです。
製作エピソードを振り返りました。

さみしさ。

出来上がると、一番はその感情。
作り終えて、必要な型紙減っていく。
芯材やパーツの革も、仕立てていくと形となり
作業机から減っていく。

 

 トゴ『ショルダーバッグ』 ブラック 製作中

トゴ『ショルダーバッグ』 ブラック 製作中

 

ドイツシュリンク『ショルダーバッグ』 グレー 製作中

ドイツシュリンク『ショルダーバッグ』 グレー 製作中

↑ ↑ ↑

本番製作中のひとコマです。
本番だから、正確に。
カットも縫い代も、とにかく全て正確に進めていくことに専念する。

 

『ショルダーバッグ』 実寸大サンプル 

『ショルダーバッグ』 実寸大サンプル

↑ ↑ ↑

お客様にご確認頂いた実寸大サンプルです。
方向性が見えてきた。
パターンも見えて、形にしたときに不具合と壁にぶち当たる。
アウトラインができたけれど、裏地をどうやって組み込むのか、
どうやってまとめ上げるのか、探りながら色々な方法を試す。
試しながら方法パターンを決めていく。

 

『ショルダーバッグ』 実寸大サンプルの前のサンプル

『ショルダーバッグ』 実寸大サンプルの前のサンプル

↑ ↑ ↑

とりあえず光が見えてきた。
ちょうど真ん中のサンプルが、
これにいきたい!…と、目標として見えてきた。
目標が見えてきたら、
形にする型紙へ落とし込む為に解き明かす。
まだお客様にお見せできる段階ではありませんが、
ここへいくには、
どこでパターンを切るのかどこまで縫うのか。
それを探る。
それが見えてきて… ようやく次の段階へ。

『ショルダーバッグ』 実寸大サンプルの前のサンプル

『ショルダーバッグ』 実寸大サンプルの前のサンプル

↑ ↑ ↑

全く構造も作り方もサイズ感も見えていない状況のサンプル
とにかく手を動かし、目標を探る段階。
でも全然みつからない… 苦しい段階。


この長期戦のフルオーダー『ショルダーバッグ』
スタートとなるお打ち合わせは、
お客様のご希望イメージを画像やお持ちのバッグから伺い、
それを具現化する苦しさはございましたが、
お客様もご一緒に向き合って下さり、
お電話やメッセージのやり取りを重ねました。

『ショルダーバッグ』 出来上がり

『ショルダーバッグ』 出来上がり

『ショルダーバッグ』の構造として、
外縫いで仕上げたエスペディエンテの
『ミニバッグ』を内縫いで仕上げ、
内装の構造も同じように3つのマチと、
手前のマチに仕切りを配置することをご希望されておりました。

外縫い『ミニバッグ』

外縫い 『ミニバッグ』

 

外縫い 『ミニバッグ』 中

外縫い 『ミニバッグ』 内装

『ミニバッグ』の製作エピソードはコチラ ≫≫

 

それを、イメージすることはできましたし、
言葉にすることもできました。
しかし、具現化することが予想以上に難しかったです。

まずは、バッグの仕上がりフォルムのみを考えて、
3つのマチを内縫いで可能にするパターンを導き出しました。

内縫いの3つマチ。
同じようなパーツを山ほど作りました。
でも、糸口が全くつかめず、時間だけが過ぎていく日々がございました。
行先が見えているのに、糸口が掴めない。
自分が試していない方法を挙げていく。
あと何をやっていない? あと何ができる?
途方に暮れて、一度離れました。
なぜか… 離れたら、手を尽くしていない方法がひとつ見えてきました。
それを試してみると、うまくいきそうだ!
あの悩んでいた時間が嘘のように、パターンが見えてきました。

外装のパターンが大方になると、
次は、内装のパターンに取り組みました。

『ミニバッグ』と同じように、
手前のマチに仕切り配置すると共に、
仕切りはファスナーポケットをご希望されておりました。

ファスナーを配置させ、
内縫いでまとめ上がることを可能にする裏地のパターンに、
再び悩みました。

自分発では、ここまで悩むバッグに取り組むことは
出来なかったと思います。

お客様目線の、
日々のスタイルからの素直なご希望があったからこそ
生み出された『ショルダーバッグ』です。

オーダーご依頼頂いた当初は、バッグはひとつだけの予定でしたが、
実寸大サンプルをご確認頂いた時点で
すぐにもお客様はワクワクして感動して下さるお気持ちを
エスペディエンテにお伝え下さり、
革色ブラックと革色グレーの2つもご依頼を頂きました‼︎

実寸大サンプルまで仕上げていく工程は、
大変苦戦致しましたので、頑張った甲斐があったな~と、
報われる思いですし、
お客様にご納得頂けた事が、本当に良かったです。

ご依頼主のお客様は、ご遠方にお住まいでしたので、
発送にてお渡しとなりました。

お手元にお届けできると、すぐにもご連絡下さり、
「素敵で理想の詰まったバッグ」とおっしゃって下さいました‼

そして、
「喜びが勝り過ぎて、今からバッグを持ってお出かけして参ります♪」と。

…そんなお姿が、
とても嬉しく微笑ましく感じました。

とにかく、ご納得頂けて良かった~‼︎
お客様の笑顔を頂けて、私たちもにんまりでした。

Posted in インフォメーション, フルオーダー, 作品, 鞄職人の日々

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*

contact

Information

フルオーダーの『ショルダーバッグ』スワローマチの構造に挑戦させて頂きました。

新年の営業がスタートしてからおよそ1週間。 穏やかに製作の日々を過ごし……続きを読む »

年末年始のお休みのおしらせ

例年と比べると比較的暖かい感じがする12月。 遠くの北アルプスの山々は……続きを読む »

ツートーンのハンドバッグ『マリー』バイオレット×ジンブルー

先日の嬉しかった出来事です。 数カ月前までは、松本で暮らしていらっしゃ……続きを読む »

2連休のおしらせ

秋が深まってきて、リンゴが美味しい季節となって参りました! 長野ではリ……続きを読む »

『レザーペンケース』パターンも革も色々。ご自分用にも、プレゼント用にも、ご依頼頂いております。

急に肌寒くなり、昨晩からストーブをつけてしまいました…。 今月、10月……続きを読む »

お札の角が折れない!外折れマチ構造の長財布。フルオーダーでの製作ご依頼を頂きました。

朝晩が過ごしやすくなってきたな~と、感じていると、 ようやく気が付く、……続きを読む »

ブライドルレザーを使用した『メンズビジネスバッグ』フルオーダーでお作りさせて頂きました。

8月です。しっかり暑いです。 籠る仕事ですが、日中はエアコンを効かせ、……続きを読む »



instagram