トートバッグ『フォルテ』

こんにちは。エスペディエンテのかづみです。

アトリエをオープンしてから、オーダーをいただいていた、

大型トートバック『フォルテ』ができあがりました。

今回も、エスペディエンテの鞄職人である主人の製作レポートをお伝えします。

フォルテ6

この大型のトートバック『フォルテ』は、

イタリアンタンニンレザーのローズアンティコ色を使用しております。

一見は、ピンクに近い色味ですが、後の経年変化で艶のある深い赤色に変化していきます。

 

こちらのトートバッグをオーダーしてくださった方は、

20代半ばの女性で、ローズアンティコのピンク色を選択していかれました。

ステッチについては、お客様がご希望する糸の色を何色か選んでいただき、

その場でご希望された色の糸をミシンにかさせていただいて、

共色のピンクで決定しました。

ステッチ

毎回オーダーを頂く際には、お客様がご希望する色の糸を、

オーダーされたバックに使用する革の端革を使い、

お客様の目の前で実際にミシンステッチをかけるようにしていくのですが、

お客様は、「こんな風にして、鞄をお願いしたこと無いわ~」と、

喜んでいただき嬉しいです。

また、作り手側としても、お客様から色の組み合わせのアイディアをいただき、

いつもとても新鮮な発見があります。

 

これまでの『フォルテ』は、メインステッチに5番の太番手の糸を使用していましたが、

今回オーダーされた女性は小柄でスマートな方なので、ステッチの糸は1番手落として、

8番の糸で製作させていただきました。

フォルテ4

アトリエに並んでいる『フォルテ』を手に持ったり、肩に掛けたり、

実際に使用感を確認していただき、

持ち手を今までの『フォルテ』よりも太くして製作することとなりました。

持ち手にもう少し強度を持たせたかったこともあって、

持ち手の間にもう1枚革をサンドして、肉盛りさせましたので、

だいぶしっかりとした、持ち手を製作することができました。

フォルテ5

また全体的なフォルムも、わずかに微調整を加え、

鞄の脇の部分が少しふっくらするような、表情になるよう修正してみました。

言われなければ気付かない程度ですが、作り手目線からみると、

主人いわく、「だいぶ印象が良くなった」と満足しております。

これから、桜の咲く季節。

この桜色のローズアンティコの『フォルテ』を持ってお出掛けできる、

良い時期の受け渡しとなりました。

 

 

エスペディエンテ かづみ

 

Posted in インフォメーション, 鞄職人の日々

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*

contact

Information

ツートーンのハンドバッグ『マリー』バイオレット×ジンブルー

先日の嬉しかった出来事です。 数カ月前までは、松本で暮らしていらっしゃ……続きを読む »

2連休のおしらせ

秋が深まってきて、リンゴが美味しい季節となって参りました! 長野ではリ……続きを読む »

『レザーペンケース』パターンも革も色々。ご自分用にも、プレゼント用にも、ご依頼頂いております。

急に肌寒くなり、昨晩からストーブをつけてしまいました…。 今月、10月……続きを読む »

お札の角が折れない!外折れマチ構造の長財布。フルオーダーでの製作ご依頼を頂きました。

朝晩が過ごしやすくなってきたな~と、感じていると、 ようやく気が付く、……続きを読む »

ブライドルレザーを使用した『メンズビジネスバッグ』フルオーダーでお作りさせて頂きました。

8月です。しっかり暑いです。 籠る仕事ですが、日中はエアコンを効かせ、……続きを読む »

ブライドルレザーを使用した、オーダー革製品。革小物・バッグとお作りさせて頂きました。

エスペディエンテでは、昨年より取り扱いを始めました「ブライドルレザー」……続きを読む »

大型トートバッグ『フォルテ』のカスタムバージョン! オーダーご依頼にてお作りさせて頂きました。

5月もあとわずかとなって参りました。 5月末の松本といえば… クラフト……続きを読む »



instagram