ハンドバッグ『コッコローネ』いろいろなパターンで…。

3月に入り、朝の太陽の光を明るく感じ、窓の結露もなくなり…、

春はもうすぐそこかしら?!と思いながら、空を眺める時間が増えてきたように思います。

暖かくなれば、ついつい外へお出掛けしたくなります♪

お出掛けバッグとしてご提案している『コッコローネ』、色々なバージョンでお作りさせて頂いております。

 

このバッグは、修業時代に生み出したデザインのバッグです。

身長147㎝の小柄な妻に合わせて、生み出した小さなサイズのハンドバッグです。

当時、ようやく口金を使った鞄を仕立てることが出来るようになり、

口金がマイブームだった頃です。

その初期型『コッコローネ』を忠実に再現したのが、コチラ。

 

ハンドバッグ『コッコローネ』

『コッコローネ』 初期型

コロンと可愛い、何ともいえない小さなサイズ感が可愛いのと、

アンバランスな錠前が印象的で、エレガントさもプラスされて、

なんやかんやで、現在でもエスペディエンテで根強い人気のあるバッグのひとつです。

 

ハンドバッグ『コッコローネ』

『コッコローネ』 初期型

長財布が入るか、入らないか、という絶妙な小ささが特徴の初期型『コッコローネ』ですが、

見た目の印象重視の方は、このサイズでご希望される方も多いですが、

やはり、使い勝手も…という方には、サイズアップしたデザインのものをご提案させて頂いております。

 

ハンドバッグ『コッコローネ』

『コッコローネ』 口元サイズアップ

革色ピンク×ネイビーの個性あふれるお色の組み合わせでお作りさせて頂きました。

初期型に比べると、口元のサイズをちょっと広くして、長財布をスムーズに出し入れできるサイズ感です。

 

そして、さらにアレンジしたのが、このデザイン。

ハンドバッグとしても、ショルダーバッグとしても使いたいし、

『コッコローネ』のフォルムも生かたい!という、お客様とお打ち合わせを重ねて、

お作りさせて頂いたデザインです。

 

ハンドバッグ『コッコローネ』

『コッコローネ』 アレンジ

こちらをお使いになっていらっしゃるお客様より、錠前が少々使いづらい、

もっとスムーズに開閉できる金具はありませんか?と、

お使いになっての貴重なご意見を頂きました。

そこで、錠前を「ヒネリ」に替えさせて頂いたのが、コチラ。

 

ハンドバッグ『コッコローネ』

『コッコローネ』 アレンジ

現在の『コッコローネ』の金具は、錠前から「ヒネリ」に変更させていただいております。

確かに、「ヒネリ」の方が、抵抗感無く、スムーズにお使い頂けます!

お客様の貴重なお声のお陰で、定番アイテムもより使い易く、

よりワクワクできるバッグとして進化を遂げております。

 

ハンドバッグ『コッコローネ』

『コッコローネ』 サイズアップ最新

そして、こちらが、もっとも最近の『コッコローネ』。

長財布がスムーズに収納出来るサイズ感で、「ヒネリ」の金具を使用したデザインです。

そして、マチのドレープの表情についても追及しました。

なかなか良い仕上がりだと、今の自分は思います。
でも、きっと… 何年後かの自分が見たら、また何か気になる所が出てきて、

修正を加えていくのかな…と思ってしまいます。

もっと良い表情を。もっとよい鞄を作りたい!と、いつも頭の中は鞄のコトでいっぱいです。

ハンドバッグ『コッコローネ』の詳細はコチラ≫≫

Posted in インフォメーション, 鞄職人の日々

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

contact

Information

『キーケース』色々なパターンで♪スマートキー対応♪

朝晩はすっかり涼しくなり、 日中の気温も30度まで上がることが無くなり……続きを読む »

ショルダーバッグ『フラン』。軽やかに♪自由に♪お出掛けバッグ。

最低限持ち歩きたいアイテムとして、お財布・携帯電話、 プラスして手帳も……続きを読む »

金沢での展示会のご案内

これまで毎年10月に、長野県諏訪市の片倉館にて開催しております Bi ……続きを読む »

8月19日(土)の営業時間のお知らせ

お盆を迎え、夏も折り返しです。 いや、もう秋がすぐそこまできているので……続きを読む »

ベーシックカラーのハンドバッグ『マリー』。

カラフルな革で、お好きなお色のバッグを持って頂きたい! そんな、大好き……続きを読む »

コードバンと牛革のコンビネーション財布

梅雨入りした途端に、晴れ間が続いている6月。 夏は、きっとすぐそばにや……続きを読む »

『ボディバッグ』を製作いたしました。

長財布、メガネケース、スマートフォンの必要最低限の3点セットがちょうど……続きを読む »